第23回「初めて患者さんにするようになったこと」

第23回「初めて患者さんにするようになったこと」

 

クライアントへの施術の際、今は必ずやっていて、昔はほとんどしなかったことが一つあります。

まあ一つではないんですがね、、

それだけIAIRに出会う前は、見ていなかった部分があったということですね。

 

皆さんは【腹診】をされますか?

腹診は、その名の通りお腹に触れて感触をみる評価行為。

内臓の状態だけでなく、全身の状態把握に欠かすことのできないものです。

脳卒中後のクライアントさんへ、腹部の感覚入力のために触ることはあったのですが、ここから状態把握をすることはなかったですね。

もちろん筋緊張や皮膚の固さを見ることはしていましたよ。

しかし、人のカラダの奥深くまで入っていく感覚は皆無でした。

 

腹診をしはじめたことで、以前と何が変わったか?

これは先ず、アプローチの結果が変わったのが一番です。

腹診から、腹部への施術も行うようになったので、臓器へのアプローチが可能になりました。

今日は二つほど内臓についてお伝えしていきます。

 

より表面に近いものであれば、胃腸系。

胃腸は食事内容だけでなく、ストレスにも影響されやすい臓器です。

長い入院生活や病気による精神的な落ち込みによっても影響されます。

目に見える症状であれば、腹痛、便秘、下痢、胸焼けなど。

自律神経の状態を把握する一つの指標になりますね。

Fotolia_73625723_XS-300x300

 

臓器の中でも比較的深い位置にあるのが、腎臓。

これは直接触れるのは難しい臓器です。(といっても胃も皮膚や筋を介してますが)

腎臓の働きは、血液中の老廃物や塩分を濾過すること。

それとともに、東洋医学では、生命エネルギーの貯蔵庫であるとも考えられています。

成長や発育、生殖活動を維持するために重要なものなんです。

kidneys

 

リハビリテーションを行うにあたっても非常に大切!

「何だか元気が出ない」「今日は休みたい」

そんな患者さんの訴えも、もしかしたら腎の疲労じゃないか?と推察することができます。

「そんなこと言わずに頑張りましょうよ!」

無理矢理リハビリ室へお連れしてしまった経験が私にはあります。

あの時知っていれば、対応も変わっていたかもしれません。

 

人の体は筋骨格だけではないのですが、リハに携わる人間は、そちらにばかり目がいってしまうような気がします。

人をトータルで見る目を養い、統合的に治療していけるよう修練せねばいけませんね!

 

それでは最後まで読んでいただけて感謝です。

*****************************************************************

国際統合リハビリテーション協会【IAIR】

九州支部代表 理学療法士

福留 良尚

TEL:090-1195-0447 (個人)

E-MAIL:kyushu@iairjapan.jp

HP:http://iairkyushu.jp

Facebook:https://www.facebook.com/iairkyushu

*****************************************************************

IAIRライセンスコース案内

福岡第2期B-class Therapistライセンスコース

詳細は >>>コチラ

 

IAIR1Day体験セミナー情報

IAIRは初めてで、どんなことを教えているのか気になる方はコチラから!

熊本会場

【リハビリの臨床で確実に結果が出せるIAIR体験セミナー】

日 時 :2016年6月19日(日) 10:00~16:00

会 場 :熊本県青年会館ユースピア熊本302号室

定 員 :12席

体験セミナーお申込みフォームhttps://pro.form-mailer.jp/fms/e0b81c4482187

詳細ページ http://wp.me/P7k6b3-2t

鹿児島会場

【新人が確実に結果が出せる技術集セミナー(1~3年目限定)】

日 時 : 2016年8月7日(日)10:00~16:00

会 場 : 鹿児島市内にて調整中

定 員 :12席

新人セミナーお申込みフォーム https://pro.form-mailer.jp/fms/e0b81c4482187

詳細ページ http://wp.me/P7k6b3-2t

福岡会場

【治療技術に悩む療法士の為のIAIRテクニックセミナー】

日 時 :2016年8月27日(土)10:00~16:00

会 場 :福岡県教育会館 http://f-k-k.jp/index.html

定 員 :20席

セミナーお申込みフォーム https://pro.form-mailer.jp/fms/e0b81c4482187

詳細ページ http://wp.me/P7k6b3-2t

 

【認】リハビリの臨床で結果が出せる 下肢の評価と治療①②

日 時 :下肢① 2016年6月26日(日) 9:30~16:30

下肢② 2016年7月23日(土) 10:00~16:00

会 場 :ハミングバード貸会議室天神重松ビル http://www.humming-bird.co.jp/kaigishitsu/

定員 20席

<<骨格系テクニック>>

1、股関節の骨格調整テクニック①・②

2、膝関節の骨格調整テクニック①・②

3、腓骨アライメント調整テクニック

4、足関節の調整テクニック

5、立方骨の調整テクニック

6、足根中足関節の調整テクニック

<<筋膜系テクニック>>

1、外側ハムストリングと外側広筋のリリーステクニック

2、内側ハムストリングスと下腿三頭筋間のリリーステクニック

3、下腿骨間膜のリリーステクニック

4、足底筋膜のリリーステクニック

下肢お申込みフォーム:https://pro.form-mailer.jp/fms/2f5af76689520

詳細ページ:http://wp.me/P7k6b3-1Q

 

【IAIR九州支部Facebookページ】

いいね!を押して連載コラムをいち早くチェック!

https://www.facebook.com/iairkyushu/

Follow me!