第16回「カルテを見る前にココを見て」

コラムをご覧の皆さんおはようございます!

IAIR九州支部代表の福留良尚です。

いつもコラムを読んで下さり本当にありがとうございます!

 

GWも後半戦ですね。

息抜きは出来たでしょうか?

私はというと、仕事と休みが交互でしたので、連休という感じでもなく、、

ただ、子供たち(私、二児の父なんですよ)と、ゆっくり遊んだりは出来ましたね。

 

さて、ほのぼのとした話の後に、少々キツい話をしようかと思います。

新規の患者さんを受け持つ際、皆さんはどこから情報収集を始めますか?

養成校では、先ずカルテから情報を得るようにと指導されたと思います。

私はそうでした。

カルテには、病歴や疾病の状態、家族構成など、リハビリの指示が出る前に収集された情報が多くあります。

 

その情報の客観性はどの程度のものでしょうか?

 

CTやMRIなどの画像所見は客観的です。

しかし、例えば看護師がとった問診はどうでしょうか?

果たしてその情報は、患者さんの真意を含んでいるでしょうか?

医師の診断名についてはどうでしょう?

診断と症状にばかり目がいってしまい、その方の仕事上での習慣的な姿勢を見ているでしょうか?

 

リハビリテーションは、基本的に医師の診断に基づいて行われます。

医師の診断の前には、看護師の問診があります。

看護師の問診の前には、問診票の記入があります。

そうやって情報は、上書きされていきます。

 

もちろん全てが正しくないと言っているわけではありません。

その積み重ねによって、患者さんの本質が見えてくることも多くあります。

しかし、そのような情報が私たちの目を曇らせてしまうのも事実です。

「この診断だから、ここが痛いんだろうな」

「医師はこう言っているから、こんなリハビリをしようかな」

 

そうやって「先入観」によってリハビリテーションのプログラムを決めたりしていないでしょうか?

 

東洋医学の診察には、「望診」というものがあります。

患者さんの外見の様子を、目で見て観察することです。

体格や体型、姿勢、これらはリハビリテーションに従事するものであれば、良く観察するでしょう。

 

肌の様子や顔色、目の状態、皮膚の状態はいかがでしょう?

これらから得られる情報も非常に多くあります。

顔面は血管が多くあるため、血液の状態を把握するのに適しています。

顔色だけでも、白、黒、青、赤、黄と分けられます。

肌の状態は、臓器との関係性が見えてきます。

目は、病状の深刻さや経過を予測できると言われています。

私は目をみるとき、その方の治療に対するモチベーションを測ることもあります。

img_acu2

他にも、分泌物やにおい、話し方などの音を聞いて、その方の発している情報を統合していきます。

先入観を持ってしまうと、初めてお会いした人が、「○○の疾患の人」に変わってしまうんです。

これは医療従事者の特徴だと思います。

どんな疾患を持っているかで、その人を見てしまうことが往々にしてあるんです。

 

情報を収集することで、自分たちの治療をスムーズに行うことも必要でしょう。

しかし、自分の目を養うためにも、先入観を捨てて患者さんに臨むべきではないでしょうか?

一度、カルテも何も見ずに患者さんにお会いしてみてください。

びっくりするくらい、カラダを触ることに慎重になりますよ。

 

では本日はここまでに。

最後まで読んでいただけて感謝です。

 

******************************************************************

国際統合リハビリテーション協会【IAIR】

九州支部代表 理学療法士

福留 良尚

TEL:090-1195-0447 (個人)

E-MAIL:kyushu@iairjapan.jp

HP:http://iairkyushu.jp

Facebook:https://www.facebook.com/iairkyushu

******************************************************************

IAIR1Dayセミナー情報

IAIRは初めてで、どんなことを教えているのか気になる方はコチラから!

福岡会場

【新人が確実に結果が出せる技術集セミナー(1~3年目限定)】

日 時 :2016年5月21日(土)10:00~16:00

会 場 :福岡県教育会館 http://f-k-k.jp/index.html

定 員 :20席(残席わずか!)

新人セミナーお申込みフォームhttps://pro.form-mailer.jp/fms/e0b81c4482187

詳細ページhttp://wp.me/P7k6b3-2t

 

熊本会場

【リハビリの臨床で確実に結果が出せるIAIR体験セミナー】

日 時 :2016年6月19日(日) 10:00~16:00

会 場 :熊本県青年会館ユースピア熊本302号室

定 員 :12席

体験セミナーお申込みフォームhttps://pro.form-mailer.jp/fms/e0b81c4482187

詳細ページhttp://wp.me/P7k6b3-2t

 

鹿児島会場

【新人が確実に結果が出せる技術集セミナー(1~3年目限定)】

日 時 : 2016年8月7日(日)10:00~16:00

会 場 : 鹿児島市内にて調整中

定 員 :12席

新人セミナーお申込みフォームhttps://pro.form-mailer.jp/fms/e0b81c4482187

詳細ページhttp://wp.me/P7k6b3-2t

 

IAIR B-class therapistライセンスコース案内

福岡第2期IAIR B-class Therapistライセンスコース詳細はコチラ

 

【認】リハビリの臨床で結果が出せる 上肢の評価と治療①②

日 時 :上肢① 2016年5月22日(日) 9:30~16:30

上肢② 2016年6月25日(土) 10:00~16:00

会 場 :ハミングバード貸会議室天神重松ビルhttp://www.humming-bird.co.jp/kaigishitsu/

定員 20席

肢の8割の問題は解消出来るようになるテクニックをお伝えします!

 

≪骨格系テクニック≫

■肩甲上腕関節の骨格調整テクニック

■肘関節(橈骨頭のアライメント、腕尺関節)の調整テクニック

■手根管(手根部)、手根中手関節と中手骨間(アーチ)の調整テクニック

■舟状骨、月状骨の調整テクニック

■指節の調整テクニック

 

≪筋膜系テクニック≫

■肩甲上腕関節の軟部組織調整テクニック

■斜角筋の調整テクニック

■小胸筋の調整テクニック

■肩甲挙筋の調整テクニック

■肩甲骨周囲軟部組織の調整

■上腕筋と上腕三頭筋間のリリース

■前腕骨間膜の調整テクニック

上肢お申込みフォームhttps://pro.form-mailer.jp/fms/b3eaf54089510

詳細ページhttp://iairkyushu.jp/?p=112

 

【認】リハビリの臨床で結果が出せる 下肢の評価と治療①②

日 時 :下肢① 2016年6月26日(日) 9:30~16:30

下肢② 2016年7月23日(土) 10:00~16:00

会 場 :ハミングバード貸会議室天神重松ビルhttp://www.humming-bird.co.jp/kaigishitsu/

定員 20席

 

<<骨格系テクニック>>

1、股関節の骨格調整テクニック①・②

2、膝関節の骨格調整テクニック①・②

3、腓骨アライメント調整テクニック

4、足関節の調整テクニック

5、立方骨の調整テクニック

6、足根中足関節の調整テクニック

 

<<筋膜系テクニック>>

1、外側ハムストリングと外側広筋のリリーステクニック

2、内側ハムストリングスと下腿三頭筋間のリリーステクニック

3、下腿骨間膜のリリーステクニック

4、足底筋膜のリリーステクニック

下肢お申込みフォーム:https://pro.form-mailer.jp/fms/2f5af76689520

詳細ページ:http://wp.me/P7k6b3-1Q

 

【IAIR九州支部Facebookページ】

いいね!を押して連載コラムをいち早くチェック!

https://www.facebook.com/iairkyushu/

Follow me!