第12回「なかなか左肩の痛みが取れないとき」

コラムをご覧の皆さんおはようございます!

IAIR九州支部代表の福留良尚です。

本日もコラムをご覧いただき本当にありがとうございます!

 

4月に入って既に10日が経過しました。

年度の変わり目は何かとバタバタします。

思っている以上に疲労が蓄積することもありますので、心身のケアを怠らないようにしてください。

私の周りでも体調を崩す方(風邪症状・ぎっくり腰)増えています。

 

さて本日は「なかなか左肩の痛みが取れないとき」について。

OZP73_katakoriyabai20130707_TP_V

 

 

 

 

何故「左」なのか?

これには理由があります。

 

左肩の痛みを訴えられる患者さんがいるとき、構造的な問題(骨の損傷、麻痺、肩関節周囲炎等)を除くと、その他に考えられる問題として「内臓」関連のものがあります。

特に「心臓」に問題(心筋梗塞)があるとき、左肩周囲にも痛みが出ることがあります。

この場合は医師の早急な処置が必要ですので、以下の症状があるときにはすぐに受診です。

  • 胸の痛み
  • あごの痛み
  • 左手小指のしびれや痛み
  • 左肩の痛み
  • 吐き気・嘔吐
  • 冷や汗
  • 息切れ

※胸以外の痛みは放散痛といって、患部とは離れた場所に症状が出ることがあるので注意です。

 

そしてもう一つが「胃」です。

Fotolia_73625723_XS-300x300

 

 

 

 

 

 

内臓も筋肉と一緒で疲労すれば、血流が悪くなり硬直します。

胃の硬直によって周囲の組織には負荷が掛かり、動きを止めてしまいます。

結果、肩に鈍い痛みを感じることがあるんです。

 

ここ数週間の食生活や、ストレスの程度を聞いてみましょう。

ストレスによっても胃は硬直しますからね。

直接その周囲を押さえて固さをみるのもOKですね。

その際は、患者さんに伺いつつ、表情を良く観察しながら触ってみてください。

 

対処法

これは胃を直接施術する方法もありますが、かなり高度です。

IAIRでもBasic3まで進まれた方にしかお伝えしていません。

ですので、本日お伝えするのは胃の周囲の調整です。

 

  1. 右側臥位になります。
  2. 左肋骨の下縁を軽く把持して、患者の呼吸に合わせて指を横隔膜方向(左肩方向)へ沈ませていきます。
  3. 数回繰り返して組織の緩みを感じられたら再評価します。

 

これによって周囲の組織を緩ませることが出来れば、胃の調整にも繋がります。

単純に胸郭の柔軟性を高めることにも繋がります。

なかなか左肩の痛みが取れないときには、一度試してみてください。

 

それでは最後まで読んでいただけて感謝です。

******************************************************************

国際統合リハビリテーション協会【IAIR】

九州支部代表 理学療法士

福留 良尚

TEL:090-1195-0447090-1195-0447 (個人)

E-MAIL:kyushu@iairjapan.jp

HP:http://iairkyushu.jp

Facebook:https://www.facebook.com/iairkyushu

******************************************************************

 

IAIR1Dayセミナー情報

福岡会場

【新人が確実に結果が出せる技術集セミナー(1~3年目限定)】

日 時 :2016年5月21日(土)10:00~16:00

会 場 :福岡県教育会館 http://f-k-k.jp/index.html

定 員 :20席(残席わずか!)

新人セミナーお申込みフォームhttps://pro.form-mailer.jp/fms/e0b81c4482187

詳細ページhttp://wp.me/P7k6b3-2t

 

熊本会場

【リハビリの臨床で確実に結果が出せるIAIR体験セミナー】

日 時 :2016年6月12日(日) 10:00~16:00

会 場 :熊本市国際交流会館 5F小会議室 http://www.kumamoto-if.or.jp/kcic/default.asp

定 員 :12席

体験セミナーお申込みフォームhttps://pro.form-mailer.jp/fms/e0b81c4482187

詳細ページhttp://wp.me/P7k6b3-2t

 

鹿児島会場

【新人が確実に結果が出せる技術集セミナー(1~3年目限定)】

日 時 : 2016年8月7日(日)10:00~16:00

会 場 : 鹿児島市内にて調整中

定 員 :12席

新人セミナーお申込みフォームhttps://pro.form-mailer.jp/fms/e0b81c4482187

詳細ページhttp://wp.me/P7k6b3-2t

 

IAIR認定セミナー情報

福岡会場

【認】リハビリの臨床で結果が出せる 上肢の評価と治療①②

日 時 :上肢①2016年5月22日(日) 9:30~16:30

上肢②2016年6月25日(土) 10:00~16:00

会 場 :ハミングバード貸会議室天神重松ビルhttp://www.humming-bird.co.jp/kaigishitsu/

定員 20席

肢の8割の問題は解消出来るようになるテクニックをお伝えします!

≪骨格系テクニック≫

■肩甲上腕関節の骨格調整テクニック

■肘関節(橈骨頭のアライメント、腕尺関節)の調整テクニック

■手根管(手根部)、手根中手関節と中手骨間(アーチ)の調整テクニック

■舟状骨、月状骨の調整テクニック

■指節の調整テクニック

 

≪筋膜系テクニック≫

■肩甲上腕関節の軟部組織調整テクニック

■斜角筋の調整テクニック

■小胸筋の調整テクニック

■肩甲挙筋の調整テクニック

■肩甲骨周囲軟部組織の調整

■上腕筋と上腕三頭筋間のリリース

■前腕骨間膜の調整テクニック

上肢お申込みフォームhttps://pro.form-mailer.jp/fms/b3eaf54089510

詳細ページhttp://iairkyushu.jp/?p=112

 

【認】リハビリの臨床で結果が出せる 下肢の評価と治療①②

日 時 :下肢①2016年6月26日(日) 9:30~16:30

下肢②2016年7月23日(土) 10:00~16:00

会 場 :ハミングバード貸会議室天神重松ビルhttp://www.humming-bird.co.jp/kaigishitsu/

定員 20席

<<骨格系テクニック>>

1、股関節の骨格調整テクニック①・②

2、膝関節の骨格調整テクニック①・②

3、腓骨アライメント調整テクニック

4、足関節の調整テクニック

5、立方骨の調整テクニック

6、足根中足関節の調整テクニック

 

<<筋膜系テクニック>>

1、外側ハムストリングと外側広筋のリリーステクニック

2、内側ハムストリングスと下腿三頭筋間のリリーステクニック

3、下腿骨間膜のリリーステクニック

4、足底筋膜のリリーステクニック

下肢お申込みフォーム:https://pro.form-mailer.jp/fms/2f5af76689520

詳細ページ:http://wp.me/P7k6b3-1Q

 

【IAIR九州支部Facebookページ】

いいね!を押して連載コラムをいち早くチェック!

https://www.facebook.com/iairkyushu/

 

Follow me!