IAIR DVD

セラピストの触診力

コラム

From.福留良尚

セラピストにとって触診は「筋の触り分け」というのが一般的なイメージだと思います。

起始と停止、走行を確認して目的の筋へアプローチするためのスキル。

 

そんなイメージではないでしょうか?

触診の研修で学んだこと

まだ若手の頃、全身の筋を触り分ける研修会に、2カ月に1回の頻度で約1年掛けて参加したことがあります。

丁寧に一つ一つ触れていく研修だったので、学生の頃に不十分だった解剖のイメージ、覚えきれていない筋、手関節周囲の細かな筋や骨をじっくり学ぶことができました。

PTということもあって上肢は苦手意識があったので、非常に勉強になりました。

 

さて、1年の研修を終えて…

患者さんへのリハビリは何が変わったか?

 

 

実は良く分からないのです…(笑)

 

 

確かに触り分けは出来るようになりました。

「これは○○筋だ」

「ここは大分硬くなっているな」

しかし、治療が上手くなったかというと、正直分かりませんでした。

 

その時感じたのは…

 

「触り分けが出来る」≠「治療が上手い」

 

もちろん、セラピストにとって筋を触り分けられるのは大事なスキルです。

私自身の経験年数が少なかったということもあるでしょう。

しかし、それだけでは足りないのだということも身をもって感じました。

 

その時足りなかったものは何か?治療の技術?経験?

今日は今すぐできる、触診技術が治療に結びつく考え方を少しお話ししようと思います。

 

徒手療法とは?

徒手的なアプローチは、硬い筋肉や関節を柔らかくする、緩まった筋肉を刺激して働きやすくする、そんな変化を提供することが目的です。

筋肉を触り分けられるということは、目的とする筋肉に到達し、適切に刺激を入れるための大切なスキルです。

 

しかし、徒手療法の目的は触り分けではありません。

あくまでも「変化」です。

患者さんがリハビリテーションに来る目的は、変化することですよね。

私たちの触診は、その変化を感じ取ることができて初めて、リハビリテーションの目的と合致します。

 

例えば、医師の触診は、病気を見つけることです。

そして、病態を把握し、投薬、手術といった治療を行います。

私たちは、触診によって異常を見つけたら、それを徒手で変化させなければなりません。

 

そして、その変化を感じ取れなければ、触診技術は自己満足の領域を出ないのかもしれません。

IAIRでは、触診の技術を1日掛けてお伝えしているセミナーがあります。

>>>http://iairjapan.jp/touch

 

 

そして、変化を感じるために更に必要なものがあります。

セラピスト自身の身体状況を整えること

変化を感じるために大切なスキルは、筋の起始停止を知っているとか、作用を知っているだけではありません。

自分自身の身体が緊張していない、ある意味で自然体であるということです。

 

例えば…

  • 痛みをかばいながら患者さんへのハンドリング
  • 治療姿勢をとるだけで体が悲鳴を上げているような硬い体
  • 昨夜いろいろ考えすぎて眠れずボーっとしている
  • パートナーと喧嘩してムシャクシャしている

こんな状況で相手の微細な変化を感じることが出来るでしょうか?

 

今すぐできる触診技術が治療に結びつく考え方

前述のとおり、セラピストが自然体でないと変化は感じ取れないということはお分かりいただけたかと思います。

今から気を付けるべきことは、自分自身が自然体であるか?ということを自分自身が分かるかということです。

先ほどの身体が不味い状況になっていれば、変化を感じることは出来ないでしょう。

 

先ずは自分を整えること、これがリハビリをする上でも大切なテクニックです。

テクニックというよりは、ある意味で準備といった方がいいかもしれません。

 

イチローの準備

野球選手のイチローは、試合前の準備に対してこう言っています。

 

「ハイレベルのスピードでプレイするために、ぼくは絶えず体と心の準備はしています。自分にとっていちばん大切なことは、試合前に完璧な準備をすることです」

 

患者さんの治療に入る前に適切な準備が出来ていますか?

 

 

それでは本日はここまでに。

最後まで読んでいただけて感謝です。

******************************************

一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会

理事 九州地区 理学療法士

福留 良尚

E-MAIL:yoshihisa.fukudome■iairjapan.jp(←■を@に変換してください)

HP:http://iairjapan.jp

Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/

個人ページ:https://www.facebook.com/yoshihisa.fukudome

******************************************