IAIR DVD

治療が上手くなるためのコツ

コラム

From.IAIR九州 福留良尚

 

前回は治療が上手くない人の共通点についてでした。

自身の体が整っていない人は、治療が上手くない。

何故なら、体に痛みや強張りを抱えていると、治療中それをかばったり代償して、100%治療に集中できないからという理由でした。

医者の不養生ではないですが、我々の仕事は手の感覚が頼りです。

感覚に集中するために、身体を整えることは重要なことでしょう。

 

そして、本日は治療が上手くなるためのコツについて。

「これをすれば絶対に上手くなる!」という訳ではもちろんありませんが、治療の上手いセラピストは共通してあるものを感じながらアプローチをしています。

 

 

順を追ってお話ししましょう。

 

我々セラピストは患者に変わってほしい、良くなってほしいという思いでアプローチをします。

その思いが強いあまり、触れる力や操作する力が強くなったりすることがあります。

 

例えば、SLRで筋のストレッチをするとしましょう。

柔軟性を高めたい一心で、より強くハムストリングスを伸張してしまうことはないでしょうか?

患者の内部では、その伸張刺激に対して痛みを発し、戻ろうと作用します。

目的と逆行する作用が体の内部で起こってしまうのです。

 

身体内部の状態を把握せず、アプローチにばかり集中すると、そのようなことが良く起こります。

では、どうすればそれをコントロールして上手く治療が出来るのか?

私が普段から気をつけている方法です。

 

「相手の呼吸を感じながらアプローチする」

 

相手の呼吸を手や体のあらゆる部分でいつも感じながら、徒手的アプローチや関節の操作、動作の誘導を行うのです。

いつも常にです。

 

それだけでこちらの余計な緊張は抜け、相手の内部情報を感じるための余力が生まれます。

100%アプローチに集中するのではなく、相手を感じる余力を残すこと。

これが治療が上手くなるためのコツです。

 

私たちが変えるのではなく、患者が変わっていく

 

治療が上手い人の多くは、このようなコンセプトを持っているはずです。

人体を知れば知るほど、私たちが出来ることはたかが知れています。

しかし、患者を導くということは非常に大切な役割です。

 

目の前の患者、利用者、クライアントをより良い方向へ導き、大切な人生を楽しめるように治療上手くなりましょう!

11月はそんな話もします!>>>コチラ

 

それでは最後まで読んでいただけて感謝致します。

 

 

追伸:他の福岡でのセミナー↓↓↓

>>>福岡セミナースケジュール

 

*****************************************************************

国際統合リハビリテーション協会【IAIR】

理事 九州支部代表 理学療法士

福留 良尚

E-MAIL:yoshihisa.fukudome■iairjapan.jp(←■を@に変換してください)

HP:http://iairkyushu.jp

Facebook:https://www.facebook.com/iairkyushu

*****************************************************************

 

【IAIR九州支部Facebookページ】