IAIR DVD

治療が上手くない人の共通点

コラム

From.IAIR九州 福留良尚

 

世の中にはまあ数多くの治療手技が存在します。

 

ベーシックなストレッチから、筋骨格系に対するモビライゼーション筋膜リリース、内臓へのマニュピレーションや頭蓋仙骨系アプローチ。

リハビリではあまり見聞きしないヒーリングやチャクラ、エネルギー、催眠療法に至るまで。

 

 

筆者が知っている限りでも、徒手療法だけで世界的に有名なアプローチはいっぱい(マ〇ガン、パ〇ス、マッ〇ンジー、メイ〇ランド、オース〇ラリアンアプローチ、ド〇ツ徒手医学)で、これに日本のAK〇とかSJ〇とか、、、

 

これらを学ぼうと思ったら、正直きりがないです。

勉強するのは素晴らしいことですけどね。

 

 

これら全てのテクニックを網羅するような強者がいるかは分かりませんが、これら全てを学んでも治療が上手くならない人は、正直います。

数多くの手技を学び、人より多く勉強しているセラピストであってもリハビリで結果が出せない人がいます。

そして、その多くにはある共通点があります。

 

それは、、

 

「自身の体が整っていないこと」

 

腰痛を抱えている人が治療をする時、体の内部では「その腰痛をかばう」必要が出てきてます。つまり、、

 

「100%治療に集中できていない」

ということになります。

 

 

「患者さんにあてられた」というのはよく耳にすると思いますが、逆のパターンで治療者の良くない状態が患者さんに影響することは、思っている以上にあることなのです。

 

テクニックオタク(セミナーに通うことに満足して日頃の治療は御座なりになっている状態)には、本当にならないでください。

そして是非、一度自分の身体を省みる時間を作りましょう。

それだけで治療効果は本当に変わります!

 

もう一度言います!

あなたの身体が良い状態であれば、患者さんのリハビリの成果は上がります!

 

・体に痛みはないか?
・タバコは吸っていないか?
・良くない習慣を分かってて改められていないか?

 

別に初めから全てを健全にという訳ではないのです。

少しずつ自分の体も見直してほしいのです。

その上で更に技術を学びたいという方は、11月の福岡お待ちしています。

体のケアの仕方、効果的に技術を提供する術をお伝えします。

是非チェックしてみてください>>>コチラ

 

他の福岡でのセミナー↓↓↓

>>>福岡セミナースケジュール

 

それでは最後まで読んでいただけて感謝致します。

 

*****************************************************************

国際統合リハビリテーション協会【IAIR】

理事 九州支部代表 理学療法士

福留 良尚

E-MAIL:yoshihisa.fukudome■iairjapan.jp(←■を@に変換してください)

HP:http://iairkyushu.jp

Facebook:https://www.facebook.com/iairkyushu

*****************************************************************

 

【IAIR九州支部Facebookページ】