IAIR DVD

マッスルインバランスに対応できる視点

コラム

From.IAIR九州 福留良尚

鹿児島のデスクより

 

国際統合リハビリテーション協会九州支部限定コラム。

本日もご覧いただきありがとうございます。

 

 

臨床では、毎日多種多様な疾患や症状を持つ患者さんを相手にします。

それに合わせた疾患別プログラムを参考にしつつ、相手に合わせて随時変更していきます。

 

私もそうしていました。

初めは参考書や文献を読んで、疾患と症状に合わせたプログラムを考える。

そして、随時変更しながら進めていく。

 

教科書に当てはめるような感じでしたが、経験年数が少ない頃はそうやっていました。

正に新人リハビリの王道です。

 

しかし、それだけでは良くならなかった経験はありませんか?

例えば肩関節周囲炎の患者さん、上肢や肩甲帯周囲のプログラムを進めてみるけど、なかなか痛みが変わらない。

大腿骨頸部骨折の患者さん、下肢筋力を上げるプログラムを進めるが歩容が変わらない。

 

そんな経験ないでしょうか?

 

疾患別のプログラムは、症状や問題点として表面化している部分へのアプローチが主です。

筋力が低下している部分、関節可動域制限のある部分、バランス訓練や歩行訓練。

 

実は、そんなストレートなアプローチだけでは上手くいかないケースが往々にしてあります。

というよりほとんどの患者さんが表面化していない問題点を抱えているんです。

 

 

それが筋のインバランス(不均衡、不釣り合い)

先ほどの肩関節周囲炎の場合、ローテーターカフが筋力低下していることは教科書にも書いてあります。

半面、その拮抗する筋群の柔軟性や遠心性の出力を見逃していることが多く見受けられます。

 

それによって、カフ筋群のトレーニングを行っても、拮抗筋とのアンバランスから肩甲上腕リズムが崩れ、筋力はあるのに痛みを生じてしまうケースがあるのです。

 

ADLやスポーツにおけるパフォーマンスの場面では、精確なマッスルコントロールが不可欠です。

簡単に言えば、主動作筋と拮抗筋の関係性です。

 

(ものすごく簡単に言うとですよ…本質は3次元的4次元的な視点が必要ですから)

 

 

この問題は、全身どこでも起こり得ます。

問題点として浮上している部分だけでなく、全身をみる視点が必要になってくるんです。

この視点を持つことで、自分の中に「型」というものが出来上がってきます。

 

「セラピストの型」

これは非常に重要です。

困った時、自分の型があるのとないのでは結果に雲泥の差が出ます。

 

よく「プロとアマのほんのわずかな違いは、明確な型を持っているかどうか」と言われます。

あなたの型はどんなものですか?

 

IAIRでは、テクニックをお伝えするだけでなく、それをどのように使いこなしていけばいいのか、臨床感の育成にも励んでいます。

テクニックを扱うセラピストのレベルも上げていく。

これからのセラピストにとって必要なのは、多くの視点を有する統合的なリハビリテーションの提供です。

 

あなたの型をIAIRで作りませんか?>>>福岡セミナースケジュール

過去の受講生は、活躍する場をどんどん広げていってます。

 

それでは最後まで読んでいただけて感謝致します。

 

*****************************************************************

国際統合リハビリテーション協会【IAIR】

理事 九州支部代表 理学療法士

福留 良尚

E-MAIL:yoshihisa.fukudome■iairjapan.jp(←■を@に変換してください)

HP:http://iairkyushu.jp

Facebook:https://www.facebook.com/iairkyushu

*****************************************************************

 

【IAIR九州支部Facebookページ】