第60回「原点に戻ってみること」

From.IAIR九州 福留良尚

鹿児島の自宅より

 

国際統合リハビリテーション協会【IAIR】理事をしております。

本日もご覧いただきありがとうございます。

【 ※2017年度福岡ライセンスコース日程詳細はページ後半↓ 】

 

 

前回のコラムはコチラ

>>>1年目の成功体験が今でも自分の自信に繋がっている

 

過去の成功体験が今の私を形成しています。

そして失敗体験が私を高めています。

まだ読まれていない方は、是非!

 

 

さて、先週末はCCRAベーシックコースを福岡で開催しました。

「基礎の再構築」をテーマに、運動学の視点からCVAの評価と治療を学ぶ2日間。

比較的若い年代のセラピストさんと一緒に学びながら、自分がまだ駆け出しのセラピストだった頃のこと、理学療法士として仕事していこうと決めたときの原点について思い返してみました。

 

小さい頃から空手をしていた私ですが、柔軟体操やストレッチをあまりしてこなかったツケもあり、18の時に腰椎椎間板ヘルニアを患いました。

まあ、とにかく痛くて痛くて、、

最終的にはまともに生活できなくなり、手術とリハビリを受けることに。

そこで初めて理学療法士という職業を知りました。

人の体をなおす仕事があることに感動して、両親に「リハビリの仕事に就きたい!」と退院する時の車中で話したのを今でも覚えています。

 

自身が痛みを経験したからこそ、同じように痛みで苦しんでいる人を助けたい、リハビリの仕事に携わりたいと強く感じました。

PTの志望動機としては、良くある理由ですよね(笑)

 

 

しかし、いざ臨床に出たら、毎日単位をこなしている自分がいました。

日々の業務に追われて、一人一人の思いや苦しみを慮ることをせず、どうすれば定時で帰れるかを考えている自分がいました。

膨大な量の書類を書くことに追われていました。

好きで始めたこと、熱い思いで始めたことでも、それが毎日続いて何年も続くとその作業に追われている感覚になってしまうんです。

 

そういう時は原点に戻ること

 

何故、私はリハビリの仕事をしているのか。

初めて患者さんを担当した時の緊張感と使命感。

 

そこに戻ってみる。

 

第三者の視点で見つめてみます。

私がリハビリの仕事を選んだきっかけは何だったか?

 

多分医療の仕事を選ぶ人の多くは、「貢献」というものに価値を感じているんじゃないでしょうか?

「誰かの役に立ちたい」という思いは、多分もっと昔の小さかった頃に育まれたものでしょう。

親や祖父母への貢献、兄弟への貢献、友人への貢献。

そんな古い記憶の中に、今の仕事を志したきっかけがあるのかもしれません。

 

今年入職された方も、早い人は既に患者さんを担当しているでしょう。

初めての患者さんは多分ずっと忘れません。

一生懸命調べ物をして、カルテを隅から隅まで読んで、何とか良くなってもらおうと試行錯誤した記憶はなくならないと思います。

 

もし、数年経って「こなしている」自分がいたら、原点に戻ってみてください。

前に進むきっかけになるかもしれません。

20代前半、脳卒中リハビリの世界で憧れだった紀伊克昌先生と。

 

それでは、最後まで読んでいただけて感謝です。

 

*****************************************************************

国際統合リハビリテーション協会【IAIR】

理事 九州支部 理学療法士

福留 良尚

E-MAIL:yoshihisa.fukudome■iairjapan.jp(←■を@に変換してください)

HP:http://iairkyushu.jp

Facebook:https://www.facebook.com/iairkyushu

福留良尚:https://www.facebook.com/yoshihisa.fukudome

*****************************************************************

 

IAIR初心者向け体験セミナー

【100以上あるアプローチの中から厳選した、結果の出やすいものをお伝えします。】

平成29年5月13日(土) 治療技術に悩むセラピストのための徒手的アプローチセミナー

 

【IAIR B-classコース】九州セミナー案内

▶筋連鎖で全身が変わる!骨盤の評価と治療法

【平成29年5月14日(日)6月10日(土)】

http://iairkyushu.jp/pelvis

 

▶リハビリの臨床で結果が出せる!脊柱の評価と治療

【平成29年6月11日(日)7月8日(土)】

http://iairkyushu.jp/spinal

 

▶頸部体幹治療の為の筋膜アプローチ軟部組織アプローチ

【平成29年7月9日(日)9月9日(土)】

http://iairkyushu.jp/fascia

 

▶リハビリセラピストTune upセミナー

【平成29年8月5日(土)】

http://iairkyushu.jp/tune-up

 

▶評価と治療の為の触診「達人のタッチ」

【平成29年8月6日(日)】

http://iairkyushu.jp/touch

 

▶リハビリの臨床で結果が出せる!上肢の評価と治療

【平成29年9月10日(日)10月7日(土)】

http://iairkyushu.jp/upperlimbs

 

 ▶リハビリの臨床で結果が出せる!下肢の評価と治療

【平成29年10月8日(日)11月11日(土)】

http://iairkyushu.jp/lowerlimbs/

 

▶B-classライセンスコース申し込み >>> B-class一括受講コース

 

【脳卒中包括的リハビリテーションアプローチ:CCRAベーシックコース】九州セミナー案内

平成29年2月11-12日(土日) CCRA Basicコース【座位編】(開催終了)

平成29年4月8-9日(土日) CCRA Basicコース【立位編】(開催終了)

平成29年5月以降開催予定   CCRA Basicコース【臥位編】

CCRA Basic一括受講コース詳細 >>> Basic一括受講コース

 

CCRA受講申し込みには、支部ページとは別に【本部申し込みページ】での登録が必要になります。

>>>https://iair-member.jp/iairhome/html/

 

【IAIR九州支部Facebookページ】

いいね!を押して連載コラムをいち早くチェック!

https://www.facebook.com/iairkyushu/

Follow me!