第59回「1年目の成功体験が今でも自分の自信に繋がっている」

From.IAIR九州 福留良尚

鹿児島の事務所より

 

国際統合リハビリテーション協会【IAIR】理事、九州担当をしております。

本日もご覧いただきありがとうございます。

【 ※2017年度福岡ライセンスコース日程詳細はページ後半↓ 】

 

 

前回のコラムはコチラ

>>>子供の成長と新人指導の共通点

 

成長してほしい相手に対して親として指導者としてどのように接するのが良いのか。

まだ読まれていない方は、是非!

 

 

さて、新年度が始まりました。

いろんな企業の入職式の様子がニュースで流れてきます。

「みんな若いな~」って感じで眺めています(笑)

 

初々しさ、緊張感からくる強張り、やる気に満ち溢れた顔。

いろんな思いが感じられて、この季節は心が躍ります。

 

 

私が入職した十数年前は、まだまだ引く手あまたの頃でした。

どこの病院や施設も求人を出していて、どこに就職しようか選べるくらいの余裕がありました。

国家試験も今年と同じくらいの合格率で、実習終わって以降は気が緩みっぱなしだったのを覚えています。

(恥ずかしながら学生時代はあまり勉強しなかったです、、)

 

そんな状況で仕事始めたものですから、まあ社会人としても、理学療法士としても「甘い」んですよ。

激アマで世間知らずの21才。

1年目は、何かを成し遂げた記憶よりも、何もかも上手くいかなかった記憶しかありません。

 

 

「実習もクリアしたし、国家資格も取ったし、何でも来いや~」

こんなスタンスで患者さんのリハビリを受け持つわけですから、そりゃこっぴどくやられるわけです。

 

具体的には、「何もできなかった」です。

患者さんを受け持っても何も変わらない、ADL上がらない、バランス良くならない。

正直、リハビリしてるって感じじゃなかったです。

 

それに気づいたのはだいぶ後でしたけどね。

やってる最中は「おれ理学療法士として仕事してる~」と意気揚々としてましたから。

 

本当に世間知らずでした。

 

 

そんなトンチンカン1年目の私にも、一つだけ今でも誇れることがあります。

それは、約1ヵ月間ほぼ毎日参考書を自宅で読み続けたことです。

 

入職したての頃は、仕事が終わると疲れて帰ってから勉強するなんて全然出来ませんでしたが、少しずつ仕事にも慣れてきた頃に「ちゃんとこの分野は勉強しよう!」と決めて、毎日参考書を読むようにしました。

正直、経験浅い私が難しい本を読んでも、吸収できるのはせいぜい1割くらいのもんです。

新米ぺーぺーで学生時代あまり勉強していない人間が文字の羅列から技術を高められるはずもありません。

 

それでも、読み続けました。

就職して初めて買った5,000円程の参考書を、良く分かっていないながらも読み続けて、線を引いて。

技術が比例して上がるわけでもなく、症例発表で「お~」とか言われるようになったわけでもありません。

 

自分で出した5,000円というのは、こんなにも価値があるんですね。

これを読めばきっと患者さんを変えられるようになる!

すぐに結果は出なかったけど、モチベーションはめちゃくちゃ高かったです。

そして、やり切った、読み切った、頑張ったという記憶が残りました。

 

 

私にとってはこれが「成功体験」になりました。

この体験によって得られたものは、自信です。

毎日読み続けることが出来たというのは、私にやれば出来るという自信をつけてくれました。

 

反対に失敗体験によって育まれるものもあります。

それが技術(テクニック)です。

失敗というとしない方がいいと思われるかもしれませんが、要は試行錯誤して、それでも上手くいかず、考えて考えていくその過程が大切であるということです。

その過程によって療法士としての技術は高まります。

だからこそ、成功体験と失敗体験どちらの経験も必要なんです。

それが人間として、療法士としての自分を形成していきます。

 

今でも私は失敗体験を繰り返しています。

それでも挫折しないでいられるのは、あの時の成功体験があったからです。

あの時「続けられた!」という自信が私を支えています。

これから新人セラピストとして活躍していく皆さんが、自分の礎、自信となるための成功体験と、療法士として技術を高めていくための挑戦と失敗体験を重ねていかれることを期待しています。

 

 

それでは、最後まで読んでいただけて感謝です。

 

追伸:最近個人のFacebookページで友人申請をたくさんいただきます。

とてもありがたいことなんですが、人前に立つ仕事をしながら私はやや人見知りの面がありまして、、(笑)

一言メッセージ頂ければ、気持ちよく承認致しますので、よろしくお願いします^^

 

福留良尚Facebookページ>>>https://www.facebook.com/yoshihisa.fukudome

*****************************************************************

国際統合リハビリテーション協会【IAIR】

理事 九州支部代表 理学療法士

福留 良尚

E-MAIL:yoshihisa.fukudome■iairjapan.jp(←■を@に変換してください)

HP:http://iairkyushu.jp

Facebook:https://www.facebook.com/iairkyushu

*****************************************************************

 

追伸

セミナー受講には会員登録が必要になります。

★各申し込みページはこちらから

東北:https://iair-member.jp/touhoku/html/

関東:https://iair-member.jp/kantou/html/

東海:https://iair-member.jp/toukai/html/

関西:https://iair-member.jp/kansai/html/

北陸:https://iair-member.jp/hokuriku/html/

九州:https://iair-member.jp/kyusyu/html/

ILPT:https://iair-member.jp/ilpt/html/

本部:https://iair-member.jp/iairhome/html/

 

注目セミナー!

平成29年5月13日(土) 治療技術に悩むセラピストのための徒手的アプローチセミナー

 

【IAIR B-classコース】九州セミナー案内

▶筋連鎖で全身が変わる!骨盤の評価と治療法

【平成29年5月14日(日)6月10日(土)】

http://iairkyushu.jp/pelvis

▶リハビリの臨床で結果が出せる!脊柱の評価と治療

【平成29年6月11日(日)7月8日(土)】

http://iairkyushu.jp/spinal

▶頸部体幹治療の為の筋膜アプローチ軟部組織アプローチ

【平成29年7月9日(日)9月9日(土)】

http://iairkyushu.jp/fascia

▶リハビリセラピストTune upセミナー

【平成29年8月5日(土)】

http://iairkyushu.jp/tune-up

▶評価と治療の為の触診「達人のタッチ」

【平成29年8月6日(日)】

http://iairkyushu.jp/touch

▶リハビリの臨床で結果が出せる!上肢の評価と治療

【平成29年9月10日(日)10月7日(土)】

http://iairkyushu.jp/upperlimbs

 ▶リハビリの臨床で結果が出せる!下肢の評価と治療

【平成29年10月8日(日)11月11日(土)】

http://iairkyushu.jp/lowerlimbs/

 

▶B-classライセンスコース申し込み >>> B-class一括受講コース

 

【脳卒中包括的リハビリテーションアプローチ:CCRAベーシックコース】九州セミナー案内

平成29年2月11-12日(土日) CCRA Basicコース【座位編】(開催終了)

平成29年4月8-9日(土日) CCRA Basicコース【立位編】

平成29年5月以降開催予定   CCRA Basicコース【臥位編】

CCRA Basic一括受講コース詳細 >>> Basic一括受講コース

 

CCRA受講申し込みには、支部ページとは別に【本部申し込みページ】での登録が必要になります。

>>>https://iair-member.jp/iairhome/html/

 

【IAIR九州支部Facebookページ】

いいね!を押して連載コラムをいち早くチェック!

https://www.facebook.com/iairkyushu/

Follow me!