第58回「子供の成長と新人指導の共通点」

From.IAIR九州 福留良尚

仕事場のデスクより

 

国際統合リハビリテーション協会【IAIR】理事、九州担当をしております。

本日もご覧いただきありがとうございます。

【 ※2017年度福岡ライセンスコース日程詳細はページ後半↓ 】

 

 

前回のコラムはコチラ

>>>患者さんを本気で怒らせた経験から学んだこと

(Facebookページ「いいね!」50overの記事です。)

 

たった5分、されど5分。

患者さんの待つ5分を軽く見ていると、痛い目に遭うかもしれません。

まだ読まれていない方は、是非!

 

 

さて、先週末は福岡にて九州セミナーが開催されました。

土曜日はB-classの認定セミナー、日曜日は新人(1~3年目)向けのセミナー。

それぞれの受講生に合わせた私の思い、IAIRのビジョンをお伝えできたと思います。

 

それぞれで感じること、学ぶことは、きっと違います。

九州のB-classは今回で最後(第2期)でしたので、学びを続けてきた人ばかり。

反対に新人セミナーは、ほとんどがIAIR初めて。

 

IAIRの理念やビジョンを学んできた人と、IAIRは初めてという人には伝えるべき内容が違って当然です。

人はその時々で成長する部分が違うはずです。

 

 

唐突ですが、読者の皆さんには子供さんがいらっしゃいますか?

私には今4歳になる娘と、2歳になる息子がいます。

最近生意気になってきた娘と、かろうじて意思疎通が出来るようになってきた息子。

 

先日、久しぶりに公園へ3人で遊びに行った時のことです。

 

「かくれんぼがしたい!」という娘は、私を鬼にして、ここで10秒数えろと言います。

そして2歳の弟を引き連れて隠れ場所を探してウロチョロ、、

足元おぼつかない弟の手を引いて、階段上ったり、下り坂を駆け下りていったり、もうこっちは冷や冷やもんです。

 

(いやぁ、さすがにチラチラ見ますよ笑)

 

しかし、息子は何とかお姉ちゃんに付いていこうと必死に走ったり階段昇ったり。

という娘も、弟の手を離さず、時には弟が昇るのを待って隠れ場所を探していました。

二人のそれぞれの成長が、父親として涙ぐましい瞬間でした。

 

 

話を戻して、新人セミナーでは新たにスタッフ(サポーター)として加入した二人も参加してくれました。

彼らはスタッフとして関わるのは初めてです。

一通り伝達事項を伝えて、あとは彼らの動きを遠目から見ていました。

まだまだ学び始めたばかりの二人でしたが、自分の経験、IAIRで学んだことをパートナーになった相手に伝えている場面が印象的でした。

 

 

この二つの話の共通点、何だと思いますか?

成長という観点から考えてみてください。

 

 

実は私は、成長してほしい相手は「ほっとく」ことにしています。

もちろん最低限のことは伝えますし、私の思いはしっかりと話します。

でも、それを受けとってどう行動するかはその本人次第です。

行動自体をこちらが指定してしまえば、言われた側は自分の意志では動かなくなります。

 

ここが大切なところです。

自分の意志での行動。

 

子供たちの行動を、一から十まで管理する親がいます。

確かに安全でしょう。

選択を間違わないかもしれません。

 

しかし、それによって子供はその年齢での考えや思いからくる行動によって得られる経験をなくします。

多分、その時々の人としての成長はないかもしれません。

ロボットになるといってもいいでしょう。

自分の意志ではなく、誰かの考えや指示によってしか動けないような人間になっていくかもしれません。

もしかしたら、臨床実習を受け持つ人には同じ経験があるかもしれません。

 

こんなふうに言われているのをよく耳にします。

「指示待ち人間」

私は、そんな指導方法は、しないように心掛けています。

 

 

もう既に新人が入ってきている施設もあるかもしれません。

病院やリハビリテーション科の理念や行動規範、最低限の社会人としてのルールは順守させるべきです。

しかし、彼らがこれから経験して考えなければいけないことを先回りして教えてはいけません。

それは、今の彼らが考えて考えて答えを導き出す課題ですから。

 

正しいことを教えるだけが、正しい指導者とは言えないのではないでしょうか?

本当に優れた指導者は、如何に本人が成長できるか、その環境を作り、見守り、時にアドバイスをしながら尻を叩く、そんな教育や子育てをしていきたいと私は考えています。

 

 

それでは、最後まで読んでいただけて感謝です。

 

追伸:最近個人のFacebookページで友人申請をたくさんいただきます。

とてもありがたいことなんですが、人前に立つ仕事をしながら私はやや人見知りの面がありまして、、(笑)

一言メッセージ頂ければ、気持ちよく承認致しますので、よろしくお願いします^^

 

福留良尚Facebookページ>>>https://www.facebook.com/yoshihisa.fukudome

*****************************************************************

国際統合リハビリテーション協会【IAIR】

理事 九州支部代表 理学療法士

福留 良尚

E-MAIL:yoshihisa.fukudome■iairjapan.jp(←■を@に変換してください)

HP:http://iairkyushu.jp

Facebook:https://www.facebook.com/iairkyushu

*****************************************************************

 

追伸

セミナー受講には会員登録が必要になります。

★各申し込みページはこちらから

東北:https://iair-member.jp/touhoku/html/

関東:https://iair-member.jp/kantou/html/

東海:https://iair-member.jp/toukai/html/

関西:https://iair-member.jp/kansai/html/

北陸:https://iair-member.jp/hokuriku/html/

九州:https://iair-member.jp/kyusyu/html/

ILPT:https://iair-member.jp/ilpt/html/

本部:https://iair-member.jp/iairhome/html/

注目セミナー!

平成29年5月13日(土) 治療技術に悩むセラピストのための徒手的アプローチセミナー

 

【IAIR B-classコース】九州セミナー案内

▶筋連鎖で全身が変わる!骨盤の評価と治療法

【平成29年5月14日(日)6月10日(土)】

http://iairkyushu.jp/pelvis

▶リハビリの臨床で結果が出せる!脊柱の評価と治療

【平成29年6月11日(日)7月8日(土)】

http://iairkyushu.jp/spinal

▶頸部体幹治療の為の筋膜アプローチ軟部組織アプローチ

【平成29年7月9日(日)9月9日(土)】

http://iairkyushu.jp/fascia

▶リハビリセラピストTune upセミナー

【平成29年8月5日(土)】

http://iairkyushu.jp/tune-up

▶評価と治療の為の触診「達人のタッチ」

【平成29年8月6日(日)】

http://iairkyushu.jp/touch

▶リハビリの臨床で結果が出せる!上肢の評価と治療

【平成29年9月10日(日)10月7日(土)】

http://iairkyushu.jp/upperlimbs

 ▶リハビリの臨床で結果が出せる!下肢の評価と治療

【平成29年10月8日(日)11月11日(土)】

http://iairkyushu.jp/lowerlimbs/

 

▶B-classライセンスコース申し込み >>> B-class一括受講コース

 

【脳卒中包括的リハビリテーションアプローチ:CCRAベーシックコース】九州セミナー案内

平成29年2月11-12日(土日) CCRA Basicコース【座位編】(開催終了)

平成29年4月8-9日(土日) CCRA Basicコース【立位編】

平成29年5月以降開催予定   CCRA Basicコース【臥位編】

CCRA Basic一括受講コース詳細 >>> Basic一括受講コース

 

CCRA受講申し込みには、支部ページとは別に【本部申し込みページ】での登録が必要になります。

>>>https://iair-member.jp/iairhome/html/

 

【IAIR九州支部Facebookページ】

いいね!を押して連載コラムをいち早くチェック!

https://www.facebook.com/iairkyushu/

Follow me!